私の勤務するお店では、女の子同士の関係はそこまで悪くありませんでした。
ノルマがそれほど厳しくなかったので、なあなあの関係だったようにも思います。
客層があまり良くなかったので「今日のあの客、むかつくんだけど!」「嫌味ばっかで最低!」とお客様の悪口を言って盛り上がってしまい顧客への愚痴・不満で女の子の仲が良かっただけなのですが…。

京都のキャバクラの中には、ノルマが厳しいとか派閥があるなどの理由で女の子の仲が良くないお店も実際にあるみたいです。
もし人間関係トラブルに巻き込まれるようなお店であれば、移転を考えても良いのではないでしょうか。

キャバクラは人気商売

キャバクラは人気商売であり、キャバ嬢自身が商品です。
お肌の手入れやドレス選び、髪型に凝るなどして自分自身の魅力(商品力)を高め、顧客を掴まなければならないんです。
でも、どれだけ努力して外見や会話術を勉強しても思うように人気が出ないキャバ嬢もたくさんいるのが現実。

「一生懸命頑張ってるのにどうして?」と思うと、たいして努力もしてなさそうなキャバ嬢が人気No.1だったりする現実を見て、どうしても嫉妬心や失望感が出て来るんですね。
もちろんNo.1のキャバ嬢はそれなりに努力していて、それを見せてないだけなんです。
でも人気商売だから、やっかみは付きもの。
嫉妬からの嫌がらせで心が折れるようではNo.1とは呼べません。

キャバクラ内にある派閥問題

キャバクラには派閥が存在するケースがあります。
例えばお店のNo.1キャバ嬢が率いるグループと、No.2キャバ嬢を取り巻くグループなど。
好きで派閥に入るのは良いと思うのですが、一番困るのは新人キャバ嬢に突然「私のグループに入るの?それともあっちのグループ?」と選択させる事。

突然派閥に入れと言われても新人は良く分からないので困ってしまいますよね?
派閥に入らず孤高の存在であろうとすると、お店の中で嫌がらせをされたり仕事を教えてもらえなかったという弊害もあるので、しぶしぶどちらかのグループに入った、なんて話を聞きます。

でもそんな派閥のあるお店は働きにくいですよね。
人間関係の悪さを理由に退転・移転していく女の子もいるんです。

気に入らないキャバ嬢を苛めるケース

キャバ嬢でも「最近凄く売り上げを伸ばしている」人気上昇中の女の子は、やっぱりやっかみの対象になりやすいです。
人気のあるキャバ嬢をターゲットにして、他のキャバ嬢がその子の悪い噂をわざと流す事があります。

「最近人気のある○○って子は、枕営業してるんだって」
「だから売上げが凄いんだね」
なんて根拠のない嘘をキャバ嬢同士の会話でサラッと言ってみたり、お客さんに「あの子、枕するみたいだよ」なんて言って、故意にイメージダウンさせるために悪い噂を流すお店もあります。

こんなトラブルに巻き込まれると人間不信になりそうですよね。
でも結局は嘘の噂を流している事がバレて天罰が当たるんじゃないかと思っています。